来場予約受付中

資料請求をいただいた方には、
優先的に最新情報をお届けいたします。

資料請求 来場予約

DESIGN

デザイン

空を飾る。
川崎の新たなランドマークとなる、地上18階建て・全168邸。 見上げれば未来を見渡すように聳えるスカイライン。 空に呼応するシンボリックな佇まいが、この地の新たな暮らしを予感させる。

  • ヒューマンスケールで描く建築の美学。

    一級建築士 前田英則地上18階という突出した規模感を可能な限り抑え、ヒューマンスケールでありながら川崎のランドマークとなりえるレジデンスを追求した。垂直にそそり立つ建物の壁面を押し出すのではなく、四方にまわるバルコニースラブの水平ラインを強調することで、圧迫感を抑制。ターミナルの間近にありながら落ち着いた地に相応しい、繊細で安らぎが感じられるデザインとしている。

  • 一級建築士 前田英則
  • Design by 東急建設株式会社

    実 績ウィングキッチン京急川崎[ 2016年3月竣工 ]

    所在地:神奈川県川崎市川崎区
    構造・規模:鉄骨造地上4階建
    施主:京浜急行電鉄株式会社

開放感をまとい、品格を宿す洗練のレジデンス。

  • 動と静が融和する川崎の多彩な表情を表現。

    大都市でありながら川・海を身近に感じる川崎をイメージして“水の流れ・川の流れ”をモチーフに立体化。素材の持つ力強さ、流れるようなフォルムの繊細さという相反するものを融合させ川崎の多彩な表情を表現しました。

    1974年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科修了。金属の素材の持つ特質を活かして、ダイナミックな荒削りの仕上げ感で、彫刻やレリーフを制作する。そのフォルムはのびやかで力強く、繊細な表面のテクスチャーも魅力的である。
  • 共用部壁面設計イメージイラスト
  • Wall Designed by 東急建設株式会社 秋田 彩絵 Sae Akita

    コンセプトは「川崎の街を創出させる空間演出」。

    エントランスの正面壁は動線方向に合わせて川の流れを表現。アクセントの青い色彩がプライベートの空間へいざないます。タイルは日本古来の色と職人の手仕事が残る風合い豊かな素材を採用。照明によって陰影が浮き彫りにされ、街の夜景や川面の幻想的な煌めきを思わせる味わい深い景観を創出します。

川崎の街・緑・水辺イメージを創出した共用空間。

共用空間はグレージュをベースカラーとして落ち着いたヒーリング空間を創出しました。
さらに集会室・自習室はグリーンをアクセントに川崎の「緑地」を、ラウンジと集会室・自習室をつなぐアプローチは
ブルーで「水辺」を演出し、賑やかな街と穏やかな自然が一体となった「川崎らしさ」を表現しています。