住まいとしてだけでなく、資産としてマンションを選ぶ。はじめてマンションの購入をご検討されている皆さまへ、
「半投半住」という視点から、マンション選びのポイントをご紹介いたします。

監修 浅井佐知子

浅井佐知子不動産鑑定事務所代表。不動産会社で主に法人営業(土地活用)を経験した後に独立。国土交通省の地価公示評価員、国税庁の相続税路線価、固定資産税評価員などの公的な仕事のほか、1,000件以上の鑑定評価書を書き、不動産投資や土地活用など5,000件以上のコンサルを手掛ける。著書に『世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生』(ソーテック社)がある。

第2回

資産としての住まい選び

半投半住の視点でマンションを選ぶ場合、住むだけでなく、資産性の視点でもマンションを選ぶ必要があります。
今回は、そんな資産性の高いマンション選びのポイントをご紹介します。

資産性の高いマンションとは

住まいとしてはもちろん
資産性の高いマンション

住まいとしてのマンションは、住みやすさだったり、買い物が便利だったり、環境が良いなどといったポイントで選ぶのが一般的ではないでしょうか?そこに「資産価値」という付加価値が付いたらどうですか?建物は築年数が経つと古くなり価値が下がります。だけど資産価値がある不動産は古くなっても価値が下がりにくいのです。それどころか、時期によっては買った値段よりも高く売れる場合もあります。住まいとしてはもちろん、資産価値の高いマンションを選ぶようにすれば、住んでもよし、貸してもよし、売ってもよしと将来に渡って大きな財産となります。

イメージイラスト
  • 01

    アクセス性

    アクセスの良さは、資産価値の高いマンション選びにとって大切なポイントです。どこに行くにも便利で乗り換えも少ない。都心の仕事場までも近く、お休みの日の買い物やお出かけにも便利。そこに暮らす人が、便利で快適な日常を手に入れることができるアクセス性の良い物件は、将来に渡って価値が下がりにくいのです。

    Check Point
    • 複数路線が通うターミナル駅
    • 急行・特急停車駅
    • 都心主要駅まで直通
  • 02

    駅近

    アクセスの良さと並んで、もしくはそれ以上に大切なのが物件から駅までのアクセスです。駅までの距離は、マンションの資産価値の維持に影響を与えます。歩いてすぐ行ける10分程度の徒歩圏内が理想と言えるでしょう。また、その道のりも大切なポイント。坂が少ない、夜も人通りある、街灯やお店の灯で道が明るいなどもチェックしましょう。

    Check Point
    • 駅から徒歩10分以内が理想
    • 駅からフラットなアプローチ
    • 街灯や施設などで夜も明るい
  • 03

    街力

    コンビニやスーパー、銀行、病院、飲食店など、わざわざ電車に乗って出かけなくてもその街ですべてが完結する。映画館や大型の複合施設が複数あり、ほかのエリアからも人が訪れるなどというような魅力的な街を選ぶといいでしょう。様々な世代に需要がある街の力はとても強く、その街のマンションの価値も高めてくれます。

    Check Point
    • 大型商業施設や映画館がある
    • 公共施設や銀行などが徒歩圏内
    • スーパー、ドラッグストアなどが豊富
  • 04

    未来性

    その地域が持つ潜在的な魅力を大きく花開かせる魔法があります。それは「再開発」です。例えば六本木ヒルズは再開発によって街が蘇り、地価が大きく上昇しました。再開発により、大規模なオフィスや商業施設、ホテルなどが計画されていることは、その街の未来の需要と魅力の高まりを表しているとも言えます。

    Check Point
    • 再開発が計画されている
    • 商業施設やオフィスの建設計画がある
    • 歩道や街路樹など都市整備計画がある
  • 05

    設備、共用施設・周辺環境

    ディスポーザーや内廊下など、マンションの完成後にリフォームや改修が難しく、利便性の高い設備や共用施設をもつマンションは資産価値が高いと言えるでしょう。また、日当たりや眺望などに関わる周辺環境の確認も重要なポイント。最新の設備や快適な居住環境は、マンションの価値に影響するのでしっかりチェックしましょう。

    Check Point
    • 最先端の設備が整っている
    • 共用施設が充実している
    • 日当たりのよい南向き
  • 06

    安全性・省エネ

    段階別に分かれたセキュリティシステムや専有部に設置された防犯センサーなどのきめ細やかな防犯対策や、地震や台風などの万一の災害に対する備えがあるというような安全性も押さえておきたいポイントです。また、健康的で地球や家計にも優しい省エネ対策の確認もマンションを検討する上でいまや必須項目となっています。

    Check Point
    • 災害に備えた防災対策
    • 強固なセキュリティシステム
    • 省エネ対策が施されている

次回は半投半住の視点から
「プライムスタイル川崎」を検証します。